コラム

 公開日: 2014-03-04  最終更新日: 2014-06-04

「雛祭り」 の会で 「雛」 を朗読しました

3月2日㈰ 「雛祭りの会」 に、お招きに与かりました。



「雛祭りの会」 が催されたのは、学生時代の友人が参加している 「ビューティーラウンジ」 で
大きな窓から街並みが見渡せる、開放感のあるサロンでした。



会場には、メンバーの皆さんがそれぞれに持ち寄った、お雛様がたくさん飾られていて
お母様が手作りなさったという 「千代紙」 の可愛らしい雛人形や、
中には、なかなか手に入れることが出来ない 「堤焼き」 の雛人形もありました。





そうした中で朗読したのは 「雛祭り」 のこの時期に必ず一度は読む、芥川龍之介の 「雛」
これまでも、丸森の 「斎理屋敷」 や 「お茶会」 の席で、読ませて頂いた作品です。

「これは或老女の 話である」 ・・・で始まるこの作品は、
芥川龍之介が32歳の時に、中央公論に発表したもので
江戸から明治へと移り変わる時代に、没落して昔から家に伝わる 「雛」 を手放すことになった
御用商人一家のそれぞれの思いを描いた物語です。

老女が、自分の15歳当時のことを思い出しながら語るというスタイルになっていて、
それぞれの家で時を過ごしてきた 「雛」 の前で読むのに、まさしくぴったりの作品です。

今回は45分の作品を、20分に編集しておおくりしましたが、
サロン一杯に集まって下さった皆さんは、身じろぎもせず、じっくりと聞き入って下さいました。



朗読の後、メンバーの方の手作りの品をご馳走になっていると、
一人の女性が私のところにいらして、ご自身の 「雛人形」 の思い出を語って下さいました。

「小さい頃自分の家にも雛飾りがあったが、父の転勤が多かったため持っていくことが出来ず
雛飾りを従姉妹にあげてしまった。その従姉妹も昨年病気で亡くなってしまって・・・・・
今日、朗読を聞きながら あのお雛様に会いたいと思った。
お参りもかねて、従姉妹の家を訪ねてみようと思う」  というお話でした。


やはり、みなさんそれぞれに 「お雛様」 の思い出があるのですね。


私の家にも両親が買い揃えてくれた、七段飾りの 「雛人形」 が一式あります。
当時は、一段ずつ揃えていくという買い方もできたようで、
我が家のお雛様も、一年目はお内裏様とお雛様、次の年は三人官女、次の年は五人囃と
段々に増えていきました。

5歳下の妹がまだ小さい時、気がつくと雛飾りの前で、妹が一生懸命何かしています。
何をしているんだろうと近寄って見てみると、妹は一つの人形を手にとって、
その顔をペロペロ舐めていました。

それは・・・♪ 「あ~かいお顔の右大臣」 でした。
一人だけ赤く染まった 「右大臣」 の顔が、妹には美味しそうに見えたのかもしれません。
お陰様で、我が家の 「右大臣」 には、両の眉毛がありません。
毎年お雛様を飾るたびに、この話になってみんなで笑います。



それぞれにある 「お雛様」 の思い出。
「お雛様」 も、きっとそれぞれの 「家族の思い出」 を、一緒に見ているのでしょうね。
それぞれの 「思い出」 にふれた今年の 「雛祭り」 は、ひと際 「思い出深い」 ものになりました。


斎理屋敷での朗読はこちら http://www.stage-up.info/person/cat1/post-54.php
お茶会での朗読はこちら  http://www.stage-up.info/person/cat1/post-77.php




この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区 [地図]
TEL:090-3750-6670

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メンバー紹介
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
イメージ

●『伝えるためには』使う言葉、スピード、間、表情などがとても大切であることを あらためて感じました。 ●言葉の持つ意味がとても大事で、お客様相手の仕事をする...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区 [地図]
TEL : 090-3750-6670

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3750-6670

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

「言霊」 という日本語は、人間の言葉の力を表しているものだと思います。

言霊という日本語は、人間の言葉の(人格的な)力を表してい...

M・M
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
朗読ボランティア 「杜の音通信」 平成29年4月号 
イメージ

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」4月は、以下の4作品を朗...

[ 朗読 ]

「朗読ワークショップ」 のご案内
イメージ

今日は、ステージ・アップ主催の 「朗読ワークショップ」 のご案内です。★ 朗読ワークショップ 「イメージを...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

「小さな春を愛でる」
イメージ

今年も南から 「桜の便り」 が届き始めました。東京は、すでに満開とか。仙台は、4月半ばが見ごろのようで、今...

[ 暮らしの中で ]

新しい 「朗読メンバー」 を 紹介します!
イメージ

ステージ・アップでは、朗読会に出演して頂いた方を、 「朗読メンバー」 として、ホームページに紹介しています...

[ 朗読 ]

3.11 あの日の夜空
イメージ

 6年前の夜空 東日本大震災から 6年。6年前の、3月11日の夜空を再現したプラネタリウム 「星空とと...

[ 東日本大震災 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ