コラム

 公開日: 2014-03-17  最終更新日: 2015-07-29

「震災番組」 に思うこと

震災から3年をむかえる3月、この時とばかりに様々な 「震災番組」 が放送された。
その 「ドラマ」 も、そうした中の1本だった。

結婚を決めた若者が、それぞれの親に相手を紹介する。
それぞれの父親は、なぜか、憮然としている。

結婚して幸せになるはずだったふたり。
しかし、震災は 「彼の命」 を、奪ってしまう。

高台で被害の少なかった 「彼女の家族」 は、
震災さえ起こらなければ、縁続きになっていたのだからと、
被災した 「彼の家族」 を何くれとなく気遣う。

しかし 「彼の家族」 特に 「彼の祖父」 は、それを快く思わない。
「同情されるのはイヤだ。俺たちには構わないでくれ!」 と言って 「彼女の家族」 を拒絶する。

それでも気遣う 「彼女の家」 で、 「彼の家族」 は大暴れする。
卓袱台をひっくり返し、部屋をめちゃめちゃにし、窓ガラスを粉々にして、
大声で喚き散らしながら 「彼女の家」 を後にする。

そんな 「彼の家族」  に、「彼女」 は言う。 
「私のことを思って、あんなことをしたんでしょう」
「早く忘れて新たな道を踏み出してほしいと思って、わざとあんなことをしたのでしょう」 と。

そんな 「彼女」 は、仮設住宅に暮らす 「彼の家族」 を訪ねるうちに 「彼の弟」 と交際を始める。
驚いた両家の親は、相談して二人を引き離す。

そうした中で、仮設住宅を訪ねた 「彼女の祖母」 に対して 「彼の祖父」 は 「ハグしてもいいか」 と聞き、
更に、お互いの父親同士が、学生時代 「いじめる側」 と 「いじめられる側」 だったことがわかり、
お互いに1発ずつ殴り合って、めでたく仲直りをする。

やがて、「彼の父」 は工務店をはじめ、「彼の弟」 は漁師を継ぐことを決め、
震災後はじめて足を運んだ 「家の跡地」 で、お互いにハグしながら再生を誓うのだった。(おしまい)



正直言って私は、理解に苦しんだ。
何とも言いようのない 「違和感」 だけが、後に残った。

私は、作者に聞きたいと思う。
「あの作品には、モデルがあるのですか?」
「どういう気持ちで、あのドラマを書いたのですか?」 と

作者は 「あんな風に暴れて気持ちを発散すれば、気持ちが楽になるよ」 と言いたかったのだろうか?
それとも 「絆だなんだときれいごとをいっても、現実は所詮こんなものさ」 と言いたかったのか?

憤慨する私に、やはり番組を見た友人がぽつんと言った。

「私たち東北の人間は、口が重くて自分の思いをあまり表に出さない。
だからドラマにはなりにくい。でも所詮 『作り事』  だとわかっていても、
被災地以外の人があのドラマを見て、こんなものかと思われたら、やっぱりいやだな~」


3月11日

今年も各報道番組は、メインキャスターを被災地入りさせ、
ある人は似合わぬヘルメットをかぶり、又ある人は小雪の舞う中、鼻先を真っ赤にして、
「私たちは、震災を被災地のことを忘れていません」 と、必死にアピールしていた。

あれから1週間がたち、 「お祭り騒ぎ」 は終わった。
そして町は、またいつも通り静かになった。

皆さんにとって、この3年はどんな年月でしたか? そして今皆さんは何を思いますか?

この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL:022-371-8435

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

15

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
司会メンバー 一覧
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
朗読会 「ライブリーディング ブーケ vol.3」

★開場した時から笑顔の皆様に迎えられ、およばれしたような、とても心温まるときを過ごさせて頂きました。★全て華やかで、かぐわしい時がゆったりと流れ、しばし幸...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL : 022-371-8435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-371-8435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

自分の身体を使って何かを表現することは、やりがいがありますね。

出演者の皆様の装いや所作が、とても美しく品があって、 一...

H・H
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ステージ・アップ 「朗読会」 12月3日開催!
イメージ

読書の秋・芸術の秋・食欲の秋・・・・私の大好きな季節の到来です! 皆様お変わりありませんか?今日は、ステ...

[ 朗読 ]

河北新報に 「お歳暮のマナー」 の記事が掲載されました!
イメージ

「お歳暮のマナー」 の記事が 11/18付の河北新報に掲載されました。日頃お世話になっている方に、「今年1...

[ 暮らしの中で ]

「お身体をお厭いください」 相手を思い遣る 大和言葉
イメージ

相手の体調を気遣って「御身大切に」 や 「お身体ご自愛ください」 という言葉をよく使います。これでは、少し物...

[ 大和言葉 ]

職場体験 マナー講習会の ご報告
イメージ

先日、仙台市内の中学校で 「職場体験」 に向けての 「マナー講習」 を行いました。昨年に続き、2回目の訪問で...

[ 講演会・セミナー・講座 ]

事務所移転のお知らせ
イメージ

震災から5年、泉区の自宅の改修工事終了に伴い、この度事務所を移転することになりました。これまでの法務局向...

[ お知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ