コラム

 公開日: 2014-06-24  最終更新日: 2015-07-28

「けがをした時に・・・」 その1

震災の年の9月、私は左足の甲を骨折しました。
震災の時でさえ、無傷で難を逃れたのに、思わぬところでのけがでした。

それは東京に出張した帰りで、駅に向かう途中でした。
私はキャリーケースのキャスターがうまく動かないのに気を取られ
電柱の根本が陥没している事に気づかず、足を取られて崩れるように転んでしまったのです。

その瞬間は、痛みよりも大通りで転んでしまった恥ずかしさの方が勝って
慌てて周りをキョロキョロ。
そして、誰も見ていなかったことと、ストッキングが破れていなかったことにホッとして
服を払いながら立ち上がった 次の瞬間でした。

足の先から、頭のてっぺんまで突き抜けるような、激痛が走ったのです。
せいぜいくじいたくらいで、悪くても捻挫だろうと思っていたのですが、
この痛みは、どうやらそんなものではないと直感しました。

何とか駅までたどり着き、その日の予定を変更して、仙台へまっすぐ帰ることにしました。
新幹線の中で座っている間は、そんなに強くは痛まなかったのですが、
仙台で降りる頃には、左足はくるぶしのあたりから下が、象の足のように腫れていました。

ホームに降りてからが大変でした。
エレベーターに乗ろうと思ったら、そんな時に限って点検中。
仕方なく、キャリーケースを杖がわりに、一段ずつ階段を降り始めました。
一歩一歩、足をつく度に、痛みが頭を突き抜けます。

その時、ひとりの男の人が、私を横目でチラリと見ながら、追い越して行きました。
するとその人は、3~4段降りるとハタッと止まり、私の方を振り向いて
「どうしたんだ? 足けがしてるのか?」 と、ぶっきらぼうにききました。
私が、トホホという感じで 「はい」 と答えると、
「なんだ じゃあ 荷物下まで持ってってやるよ」 といいます。

そう言われた瞬間、きっと私はちょっと不安気な顔をしたのだと思います。
するとその人は、「大丈夫だよ!! 持ってったりしないよ!!」 と言って、
私のキャリーケースを軽々と持つと、下まで降りていきました。

そして下に着くと、「ここに置いておくからね」 と言って、立ち去ろうとするのです。
きっとこの時、私はまた不安気な顔をしたのだと思います。
その人は 「わかったよ!! 下りてくるまでここにいるよ!!」 そう言いました。

そして私は一段ずつ手すりにつかまって、階段を降りました。
私がやっとたどり着くと、その人は
「もう大丈夫だね! じゃあ!」 と言って、足早に行ってしまいました。
私は、その人の背中に 「ありがとうございました!!」 と大きな声でお礼を言いました。
その人は、あっという間に人波の中に消えてしまいました。

涙が出そうになりました。
出先でのけがで、とにかく帰り着くことで頭がいっぱいで・・・
張りつめていた気持ちが、ふっと和らいだ瞬間でした。


お陰様で足はだいぶ良くなりました。
まだ時々、雨が降る前日など気圧の変化のせいか、シクンと痛むことがあります。
その度に私はあの男の人の、ぶっきらぼうだったけれど、温かい声を思い出します。

きっと急いでいらしただろうに、見かねて声を掛けて下さった方。
あの時は、あまりの痛さにお名前も聞かず、お礼の言葉もお粗末なものでした。
この場を借りて、お礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。

私も、これから困っている人を見かけたら、積極的に声を掛けたいと思います。



ホームページにブログを掲載しています。 是非ご覧ください!!
http://www.stage-up.info/person/cat1/

この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL:022-371-8435

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メンバー紹介
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
イメージ

●『伝えるためには』使う言葉、スピード、間、表情などがとても大切であることを あらためて感じました。 ●言葉の持つ意味がとても大事で、お客様相手の仕事をする...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL : 022-371-8435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-371-8435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

【御礼】先日の個人レッスンではお世話になりました!

先日の個人レッスンの際には、さまざまなお心遣いをいただき...

Y・K
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新しい 「朗読メンバー」 を 紹介します!
イメージ

ステージ・アップでは、朗読会に出演して頂いた方を、 「朗読メンバー」 として、ホームページに紹介しています...

[ 朗読 ]

3.11 あの日の夜空
イメージ

 6年前の夜空 東日本大震災から 6年。6年前の、3月11日の夜空を再現したプラネタリウム 「星空とと...

[ 東日本大震災 ]

朗読ボランティア 「杜の音通信」 平成29年2月号
イメージ

 平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」2月は、以下の5作品...

[ 朗読 ]

ある男性に言われた言葉 「顔は大丈夫ですか?」
イメージ

先日、久しぶりに芝居を観に行った時の事。見終わって席を立ち、ロビーに出るために階段を昇り始めた時、前...

[ 暮らしの中で ]

テレビ番組の言葉 「人はずっと成長していける」
イメージ

毎朝楽しみに見ている 連続テレビ小説。いよいよ終盤近くになり、新たな展開を見せています。そうした中で...

[ 言葉のちから ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ