コラム

 公開日: 2014-06-26  最終更新日: 2015-07-29

「病院の先生の言葉」 ~大丈夫。大丈夫。もう大丈夫だよ~

震災の年の秋口、私は本当にご難続きでした。

9月の初めに、出張先で転んで左足の甲を骨折。
一月後やっとギブスが取れて、何とか日常生活を取り戻したと思った11月の中頃。
今度は、自宅の浴室で足を滑らせ、右足のひざ裏の靭帯を1本切ってしまったのです。

あまりに足元の怪我が続くので、神社仏閣にお参りに行こうかと思ったほどでした。
周りの人の中にも、それを熱心に進める人もいたほどでした。

滑って足を着いた瞬間 『プツン』 となにかゴムが切れるような音が聞こえました。
「あ~やってしまった」 と思いました。

しかし、その日は午前中からイベントの司会の仕事が入っていて
当日の朝ですから、ピンチヒッターを立てることもできません。

私は覚悟を決めて、足にテーピングをして現場に向かいました。
そして、主催の方に事情を説明して、ステージ上での司会ではなく
陰マイクでのアナウンスに、変更をお願いしました。

有り難いことに主催の方のお許しもいただけて、イベントは全て陰マイクで、なんとか終了しました。
しかしイベントが終わる夕方には、もう一歩も歩くことができなくなっていました。

この時も、主催の方や、イベントのスタッフの方に、たくさん助けて頂きました。
車いすを押してくださる方、病院へ行く車の手配をして下さる方、
車が来るまで寒いからと、自分の着ていたコートを脱いで掛けて下さる方、などなど
本当にたくさんの方に、助けて頂きました。


そして、痛みをこらえながらやっと着いた、病院での出来事です。

先生が私の膝に手を当てながら、「ちょっと動かしてみましょうね」 と言いました。
私は 「先生、やめて下さい!!」 と必死で抵抗しました。
実は、イベントの最中に、ちょっとでも足を動かそうとすると、
膝がこむら返りのようになって、あぶら汗がでるほど痛かったのです。

すると先生は、にっこりわらって
「わかった。じゃあ動かさないからね」 と言うと、お話をはじめました。

「今の状態は靭帯が切れたことで、体がびっくりして、動かすことを脳が拒否してるのね。
だから、動かそうと考えただけで、こむら返りがおこったんだと思います。
それだけ、今回のけがは大変な状態だということです。
痛かったですね。大変でしたね。
でも、もう大丈夫ですよ。安心して私に任せて下さい」

そう言うと、私の膝を静かに優しく撫でながら、
「大丈夫。大丈夫。もう大丈夫だよ」 と言って、
最後に両手を合わせて、お祈りをしてくれたのです。
私も思わず一緒に手を合わせて、お祈りをしてしまいました。

『手当て』 とはよく言ったものだと思います。
なんと不思議なことに、この後、こむら返りがおこらなくなったのです。

先生の 『手当て』 に、先生の 『言葉』 に、私の脳が、私の膝が反応したのだと思います。
「そんなことくらいで」 と言われそうですが、私は信じています。

言葉に思いが宿ったとき、それが思いもかけない力を持つことを・・・
あらためてその思いを強くした出来事でした。


お陰様で、右足もだいぶ良くなってきました。
病院へは、2か月に1回の通院になっています。
先生は、待合室から診察室へ向かう 私の 「足音」 を聞いて

「杖がいらなくなったんだね!」
「まだちょっと右足をかばって歩いてるね!」
「ヒールの少し高い靴がはけるようになったんだね!」 と言います。

そして帰り際には

「あまり無理をしないように!」
「転ばないように気を付けて!!おだいじに!!」

そう言って、笑顔で送ってくれます。
私は、毎回温かい気持ちになって病院を後にします。

やっぱり 『言葉』 って大事だと思います!!



ホームページにブログを掲載しています。 是非ご覧ください!!
http://www.stage-up.info/person/cat1/

この記事を書いたプロ

ステージ・アップ [ホームページ]

講師 長野淳子

宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL:022-371-8435

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
司会・朗読 メンバー
イメージ

学生時代から 演劇を志し 在仙の劇団にて活動1985年から フリーアナウンサーとして独立しテレビ・ラジオ番組の 司会・ナレーション・リポート・CMなどを担当その...

お客様の声
イメージ

●『伝えるためには』使う言葉、スピード、間、表情などがとても大切であることを あらためて感じました。 ●言葉の持つ意味がとても大事で、お客様相手の仕事をする...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
長野淳子 ながのじゅんこ

言葉の力で自分も周りも幸せに(1/3)

何気ないひと言に、癒されたり、奮起したり、涙したり―そんな「言葉の力」を感じたことは、だれもが一度はあるのではないでしょうか。「ステージ・アップ」の代表、長野淳子さんは、その言葉の力を生かして人々の心や行動を前向きな方向へ導いていくプロ...

長野淳子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

3000件以上の司会経験をもとに「生きた言葉」をお届けします

会社名 : ステージ・アップ
住所 : 宮城県仙台市泉区鶴が丘1-5-23 [地図]
TEL : 022-371-8435

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-371-8435

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

「言霊」 という日本語は、人間の言葉の力を表しているものだと思います。

言霊という日本語は、人間の言葉の(人格的な)力を表してい...

M・M
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新しい 「朗読メンバー」 を 紹介します!
イメージ

ステージ・アップでは、朗読会に出演して頂いた方を、 「朗読メンバー」 として、ホームページに紹介しています...

[ 朗読 ]

3.11 あの日の夜空
イメージ

 6年前の夜空 東日本大震災から 6年。6年前の、3月11日の夜空を再現したプラネタリウム 「星空とと...

[ 東日本大震災 ]

朗読ボランティア 「杜の音通信」 平成29年2月号
イメージ

 平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」2月は、以下の5作品...

[ 朗読 ]

ある男性に言われた言葉 「顔は大丈夫ですか?」
イメージ

先日、久しぶりに芝居を観に行った時の事。見終わって席を立ち、ロビーに出るために階段を昇り始めた時、前...

[ 暮らしの中で ]

テレビ番組の言葉 「人はずっと成長していける」
イメージ

毎朝楽しみに見ている 連続テレビ小説。いよいよ終盤近くになり、新たな展開を見せています。そうした中で...

[ 言葉のちから ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ