コラム

 公開日: 2017-05-28  最終更新日: 2017-11-04

法定相続情報証明制度の運用開始

(はじめに)
一昔前は、漁業や農業の殆どが手作業で、漁の後の作業や、収穫時期に合わせた人手のやりくりを、本家を中心として、その近隣のご親族の皆さまでされていらっしゃったとお聞きします。そして、同じくらいお聞きするのが機械化して、近くに住むご親族の方々の手を借りずとも賄えてしまうようになったと。
いつしか、都市部へ住居を構える次世代の方々が増え、都市部の利便性や生活習慣になれていき、いつのまにか漁業や農業には関心を持たない世代の方が多くなってしまったのかな・・・と。
そして、都市部に移住された後も、更に便利なところへ・・・というのが現代社会に根付いている考え方になっている気がします。今日では、都市部にあっても形は違えど同じような現象が起きてきているのでしょう。
これらがすべてでないとしても、昨今の不動産事情の一要素になっているような印象を持つのは、たぶん、私だけではないと思います。

今回は、明日5月29日から運用が始まる法定相続情報証明制度とは何か?と、創設された背景についてのお話です。

●法定相続情報証明制度の運用開始(平成29年5月29日から)
なるべく簡単に申し上げますと、多数の戸籍・除籍・住民票(※以下、「戸籍等」と言う)が、一枚程度の書類で代用できるというものです。メリットはこの書類を提出することで、法的な相続関係の全容を証明できることになるため、相続に伴う預貯金の解約、不動産手続の際など、利便性の高い書類となります。

(作成までの流れ)
法定の相続関係が把握できるよう、被相続人(故人)、相続人(ご存命の方)の戸籍等を取得していきます。

戸籍等の取得が終わったら法定相続情報一覧図を作成し、戸籍等とともに、これを法務局へ提出します。

提出した書類を基に法務局の公的な印字(認証文)の入った法定相続情報一覧図が交付されます(必要に応じて何枚でも原本の交付請求ができますので、必要枚数を申し出ます)。

法務局より交付を受けた一覧図を用いて、預貯金等の解約や不動産の手続きを行えます。
以上

(今までの方法に加え、一つ選択肢が増えたことになります)
これまでの相続手続では,お亡くなりになられた方の戸除籍謄本等の束を,相続手続を取り扱う各種窓口に何度も出し直す必要がありましたが、今後この法定相続証明制度と、今までの方法を選択することができるようになります。

―制度創設の幾つかの背景―
(皆さんの権利を保護する制度でもあります)
不動産の名義人(所有者)が死亡した場合、その不動産が故人名義となっているまま時間経過するケースが多くなっており、場合によっては様々な社会問題の要因となっています。法定相続情報一覧図の写しは、相続による不動産手続にも利用することができるため、ご自身はもちろんのこと、次世代の方々へ「誰に所有権があるのか」など含めた権利保護にも寄与した制度となっています。

(故人名義のままの不動産から生ずる問題)
所有者不明の土地、空き家の問題が一つ上げられます。ご周知の部分も多いと思いますが、故人名義のまま時間が経過し、今現在、誰が相続人なのか(人数、居所など含め)、誰も正確な現状を把握していない状況というところでしょうか。それが何年も何十年も続いていることも少なくないようです。無論、不法投棄、不法侵入、失火、動植物の繁殖など、近隣の方へも相応の影響も生じやすいのが、空き地・空き家です。

(さいごに)
今回運用開始する法定相続情報証明制度がすべてを解決できるとは思えませんし、今後どのように皆さんへ浸透していくのかも予測できません。
しかし、今までよりも関心が強くなった・次世代のことも考えるようになった・・・こういった印象を持つ人が増えていくような、そんな制度へ成長していくことを心より願うばかりです。   【2017年5月29日運用開始】

この記事を書いたプロ

帯安行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 千葉帯之

宮城県仙台市宮城野区松岡町56-2 [地図]
TEL:022-778-7566

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
自由記入欄(1)

東仙台よろこびの会の看板が、当事務所(帯安行政書士事務所)看板の隣に設置されました。利府街道沿いで、4号線からガス局交差点へ向かって左側(居酒屋案山子さんの...

 
このプロの紹介記事
千葉帯之 ちばたてゆき

行政書士、遺品整理士だからこそできるワンストップサービス(1/3)

 人間、誰しもが迎える終焉のとき。大切な人が亡くなって葬儀を終えると、遺された人には相続や遺品整理などの仕事が待っています。 煩雑な相続や遺品整理、その一切をご遺族の立場になって行うのが、行政書士の千葉帯之さんです。千葉さんは、「ご遺族は...

千葉帯之プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

相続の「どうしよう」に出来る限り応えます。

事務所名 : 帯安行政書士事務所
住所 : 宮城県仙台市宮城野区松岡町56-2 [地図]
TEL : 022-778-7566

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-778-7566

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

千葉帯之(ちばたてゆき)

帯安行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
【会話形式】兄弟姉妹での相続(前編)

【子供がいない夫婦の兄弟姉妹と遺産分割協議】当事務所で実際に承った委託業務を、ご依頼者の方に全面的にご了...

家族信託(その2:メリット・デメリット)

【家族信託のメリットとデメリット】 「家族がもめないように相続のプランをきちんと練っておきたい」財産の...

お子さんに墓守してもらいたいとき

現代ではお墓についての概念も変わりつつあるところですが、まだまだ墓守等の悩みを抱える人がいるのが実情のよ...

遺言書のホウレンソウと約束事

先日、「土地や家屋が知らない間に処分(売却)されていた。」とのお問合せがありました。その不動産は亡くなっ...

遺言書は作りませんよ?

「遺言書を作成してほしいと入院中の義理の姉(以下Aさん)が言っているので、相談に乗ってほしい。」そういった...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ