コラム

 公開日: 2017-11-04  最終更新日: 2017-11-14

家族信託(その3:遺言信託と遺言代用信託)

【遺言信託と遺言代用信託】
 ここでは、遺言書と比較しやすいと思われる、家族信託の中の「遺言信託と遺言代用信託」という2種類について簡単に触れてみたいと思います(※家族信託にはもっと詳細な棲み分けがありますが、ここでは割愛します)。

●遺言信託
 遺言信託は「遺言書でご自身が亡くなられた後、引継いでほしい内容を信託で指示するもの」です。
書き方の手順としては、遺言書の箇条書き(第1条、第2条・・・などのこと)の中の1つに「第〇条:この遺言書にない財産は~(中略)~別紙遺言信託書のとおりとする(省略)」というものがよく見られます。
このように、遺言信託と言う呼称ながら内容はあくまで遺言書。したがって、相続発生(ご本人が死亡する)までは効力が生じず、相続の発生により遺言の効力が生じ信託開始するのが遺言信託です。
単に財産を遺して「こういう風に皆で分けなさい」という形式の一般的な遺言書に比べ、遺言信託はもうちょっと踏み込んだ内容まで指定できます。
 例えば、遺言者死亡後、財産を遺すことに加え、継続してほしい財産管理等(祭祀法要などの執り行い、不動産管理、ご家族等の療養看護費用の拠出等、不動産経営・事業経営など)について遺言者が意図する財産管理方法等を後世に託すといったニュアンスでしょうか。つまり、遺言者ご存命中はご本人が財産管理等を行い、ご本人の亡くなった後、後世に財産管理等を引継いでもらうことになります。

●遺言代用信託(親と子で例えてみます)
 遺言代用信託は、死因贈与という贈与契約と似ていますが、例えていうと、親と子で生きているうちに信託と言う契約をすること。親と子が元気なうちに信託契約を開始させてしまい、財産管理等(祭祀法要などの執り行い、不動産管理、ご家族等の療養看護費用の拠出等、不動産経営・事業経営など)を親と子で行うと共に、親が亡くなった後は子だけで信託による財産管理等を継続するものです。つまり、親と子が元気なうちに一緒に財産管理等を行いはじめ、親が亡くなった後は、子が親から教えてもらった方法で財産管理等を引継いでいくことになります。
(※実際の形式的な言い回しは違いますが、解り易い例えで申し上げると、こういう理解になります。)

●遺言代用信託と遺言信託の違い
 違いは様々ありますが、一番の違いは、遺言信託は遺言書ですが、遺言代用信託は契約(信託契約)となる点です。
遺言信託はあくまで本人が亡くなった後効力を生ずる遺言であることに変わりはありませんが、遺言代用信託はご本人がご存命中に締結してしまう契約である故、ご存命中から効力が発生し(契約締結時点で)、更に亡くなった後のことも考えた契約内容としておくことで、契約効力が継続する点、ご希望実現の可能性を高める要素にもなるでしょう。

次の編では、一旦家族信託を離れて、遺言書の種類についてご説明いたします。

【続きはこちら→http://mbp-miyagi.com/taian-gyosei/column/15542/遺言書の種類】
【前のページのコラム http://mbp-miyagi.com/taian-gyosei/column/15540/その2】

この記事を書いたプロ

帯安行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 千葉帯之

宮城県仙台市宮城野区松岡町56-2 [地図]
TEL:022-778-7566

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
自由記入欄(1)

東仙台よろこびの会の看板が、当事務所(帯安行政書士事務所)看板の隣に設置されました。利府街道沿いで、4号線からガス局交差点へ向かって左側(居酒屋案山子さんの...

 
このプロの紹介記事
千葉帯之 ちばたてゆき

行政書士、遺品整理士だからこそできるワンストップサービス(1/3)

 人間、誰しもが迎える終焉のとき。大切な人が亡くなって葬儀を終えると、遺された人には相続や遺品整理などの仕事が待っています。 煩雑な相続や遺品整理、その一切をご遺族の立場になって行うのが、行政書士の千葉帯之さんです。千葉さんは、「ご遺族は...

千葉帯之プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

相続の「どうしよう」に出来る限り応えます。

事務所名 : 帯安行政書士事務所
住所 : 宮城県仙台市宮城野区松岡町56-2 [地図]
TEL : 022-778-7566

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-778-7566

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

千葉帯之(ちばたてゆき)

帯安行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
家族信託(その2:メリット・デメリット)

【家族信託のメリットとデメリット】 「家族がもめないように相続のプランをきちんと練っておきたい」財産の...

お子さんに墓守してもらいたいとき

現代ではお墓についての概念も変わりつつあるところですが、まだまだ墓守等の悩みを抱える人がいるのが実情のよ...

遺言書のホウレンソウと約束事

先日、「土地や家屋が知らない間に処分(売却)されていた。」とのお問合せがありました。その不動産は亡くなっ...

遺言書は作りませんよ?

「遺言書を作成してほしいと入院中の義理の姉(以下Aさん)が言っているので、相談に乗ってほしい。」そういった...

家族信託(その1:遺言書との違い)

行政書士の千葉帯之です。(はじめに)今回は相続手続きの中で、近頃少しずつ耳にするようになった「家族信託...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ