コラム

 公開日: 2017-12-09  最終更新日: 2017-12-10

11月のご相談と進行状況

許可を頂戴している相談者の事例のみのご紹介です。
【11月のご相談①】
今年5月に亡くなった、面識のない相談者の異母兄弟の弟が亡くなったと知らない弁護士から手紙が来た。手紙の内容は、亡くなった弟の配偶者も既に亡くなっていて、夫婦には子供がいなかった。したがって異母兄弟複数名での遺産分割協議になるというもの。
相談者は、実母である亡きお母様の生前の言伝で、父方の相続財産は一切貰わない様にして欲しいと言われていた。
重複するが相談者は異母兄弟とまったく面識がなく、遺産の有無とは関係なくお母様の生前の言葉を遵守したい。
手紙は9月はじめ相談者のもとに届き、手紙を受け取った当初から「相続は放棄する」と再三伝えたが、マイナスにならないのだから相続してください・・・といった回答を続けられ、相続放棄が出来る法定期間である、(9月はじめに)自分が相続人であることを知ってから3か月以内という日まで1か月を切ってしまった。ご相談者の奥さまも含め、遺産の相続で知らない人とやり取りしたくない。だから、あちらはあてにしないので独自に相続放棄の手続きを進めたいというものでした。
(進行状況)
司法書士へ取次、関係人の戸除籍との取得を早急に開始し、およそ3週間で必要な戸籍の取得が完了。
そして期限内に、管轄の家庭裁判所へ相続放棄手続きの申請が完了した。
現在は、家庭裁判所から正式に受理された旨の書類が到達するのを待っている。

―現在進行中―
10月の相談コラム http://mbp-miyagi.com/taian-gyosei/column/15630/
(2)11月の相談コラムhttp://mbp-miyagi.com/taian-gyosei/column/15632/

この記事を書いたプロ

帯安行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 千葉帯之

宮城県仙台市宮城野区松岡町56-2 [地図]
TEL:022-778-7566

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
自由記入欄(1)

相続とは、いわばこの世にいない人の遺された財産をどうするかの手続き。その方がご存命であれば「どうしたであろうか」という思いも、残された相続人の皆様から可能...

 
このプロの紹介記事
千葉帯之 ちばたてゆき

行政書士、遺品整理士だからこそできるワンストップサービス(1/3)

 人間、誰しもが迎える終焉のとき。大切な人が亡くなって葬儀を終えると、遺された人には相続や遺品整理などの仕事が待っています。 煩雑な相続や遺品整理、その一切をご遺族の立場になって行うのが、行政書士の千葉帯之さんです。千葉さんは、「ご遺族は...

千葉帯之プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

相続の「どうしよう」に出来る限り応えます。

事務所名 : 帯安行政書士事務所
住所 : 宮城県仙台市宮城野区松岡町56-2 [地図]
TEL : 022-778-7566

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-778-7566

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

千葉帯之(ちばたてゆき)

帯安行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
【会話形式】兄弟姉妹での相続(前編)

【子供がいない夫婦の兄弟姉妹と遺産分割協議】当事務所で実際に承った委託業務を、ご依頼者の方に全面的にご了...

家族信託(その2:メリット・デメリット)

【家族信託のメリットとデメリット】 「家族がもめないように相続のプランをきちんと練っておきたい」財産の...

お子さんに墓守してもらいたいとき

現代ではお墓についての概念も変わりつつあるところですが、まだまだ墓守等の悩みを抱える人がいるのが実情のよ...

遺言書のホウレンソウと約束事

先日、「土地や家屋が知らない間に処分(売却)されていた。」とのお問合せがありました。その不動産は亡くなっ...

遺言書は作りませんよ?

「遺言書を作成してほしいと入院中の義理の姉(以下Aさん)が言っているので、相談に乗ってほしい。」そういった...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ