コラム

 公開日: 2018-01-27 

考え方で変わる。

数年前、30代の相談者の方で、相続も終わらせないといけないが、
今現在は、親の介護対応が一番苦しくて、逃げたくて仕方ない・・・
と、相続手続きの相談の傍らそういう話になりました。
(補足:父が要介護で、介護をしていた母が亡くなった際の相談でした)

それ以降、私なりに相続とは別に人として相談に乗ったり、ときにはコーヒーでも一緒に飲んで話したりしました。
それが何年も続き、今ではお互いに信頼置ける友人のような関係になってしまいました。
ただ、この人のすごいところは、会うたびに言葉の端々にこう言っています。

「介護対応の一番苦しくて逃げたくなるところを、何とか乗り切ったり軌道に乗せると介護側の自分も成長する。」
「根拠はないが、介護が軌道に乗った後、人としての底力がついたのか、収入も上がったし、人脈も増えた。」
「何より、今は父にも優しく接することが出来ている。」
「いつしか、経済的な不安も、公私の人間関係も、介護が始まる前よりもよくなった気がする」・・・・と。

この人、暗かったんですけど、今は明るいです。
多分、明るい方がこの人本来の人格だと思います。
よく考えれば、母が亡くなり、父も介護中。
なのに、この人、友人・知人も増えて、仕事も忙しくなり、それでいて、優しくなって明るくなりました。
※ちなみに喫煙者だったんですが、タバコもやめてしまってます。

特に専門的なお話ではありませんが、
自分の考え方を前向きにして、人と良い関係を長く続けられるのは、
いろんな方面に素晴らしい効果を生じさせることがあるようです。

この記事を書いたプロ

帯安行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 千葉帯之

宮城県仙台市宮城野区松岡町56-2 [地図]
TEL:022-778-7566

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
自由記入欄(1)

相続とは、いわばこの世にいない人の遺された財産をどうするかの手続き。その方がご存命であれば「どうしたであろうか」という思いも、残された相続人の皆様から可能...

 
このプロの紹介記事
千葉帯之 ちばたてゆき

行政書士、遺品整理士だからこそできるワンストップサービス(1/3)

 人間、誰しもが迎える終焉のとき。大切な人が亡くなって葬儀を終えると、遺された人には相続や遺品整理などの仕事が待っています。 煩雑な相続や遺品整理、その一切をご遺族の立場になって行うのが、行政書士の千葉帯之さんです。千葉さんは、「ご遺族は...

千葉帯之プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

相続の「どうしよう」に出来る限り応えます。

事務所名 : 帯安行政書士事務所
住所 : 宮城県仙台市宮城野区松岡町56-2 [地図]
TEL : 022-778-7566

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-778-7566

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

千葉帯之(ちばたてゆき)

帯安行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
【会話形式】兄弟姉妹での相続(前編)

【子供がいない夫婦の兄弟姉妹と遺産分割協議】当事務所で実際に承った委託業務を、ご依頼者の方に全面的にご了...

家族信託(その2:メリット・デメリット)

【家族信託のメリットとデメリット】 「家族がもめないように相続のプランをきちんと練っておきたい」財産の...

お子さんに墓守してもらいたいとき

現代ではお墓についての概念も変わりつつあるところですが、まだまだ墓守等の悩みを抱える人がいるのが実情のよ...

遺言書のホウレンソウと約束事

先日、「土地や家屋が知らない間に処分(売却)されていた。」とのお問合せがありました。その不動産は亡くなっ...

遺言書は作りませんよ?

「遺言書を作成してほしいと入院中の義理の姉(以下Aさん)が言っているので、相談に乗ってほしい。」そういった...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ