コラム

 公開日: 2016-08-24  最終更新日: 2016-08-26

はり灸治療ってどんな治療? ーはり治療の違い・その1ー

はり灸の治療を受けてみたいけど、
どこへ行ったらいいのかわからない…。

どんな治療なのか、
やっぱり、痛いかなー? とか、
お灸すると、やけどの痕が残るんだろうなー? とか。

受けてみたいけど、わからないしコワイ気がするから、
やっぱりやめておこう って方は、結構、多いですね。

私のところに来る患者さんのほとんど方が、そう言われます。
実際、大阪以西は、鍼灸治療は盛んですが、東日本側では、あまり知られていないようです。

はり灸治療というのは、三千年ぐらい前から、
中国で生まれ、発展してきた“東洋医学“の一つ。

東洋医学の基本的な考えは、
“自然界の全てのものは、陰と陽の気のバランスの変化によって生まれている”
というものです。

人の体の中には、陰気と陽気という二つの流れがあって、バランスを保っていて、
流れが不足したり、滞ったり、溜まりすぎたり、溢れたりして、
陰陽のバランスをくずした時に
病気になったり、様々な症状がでたりすると考えられました。

陰陽のバランスがとれている時には、人は健康な状態を保っています。

陰気と陽気のバランスと流れを正しくするのが、東洋医学本来の目的です。

“漢方”というのは、食べるもので体の陰陽のバランスを正しくします。
“はり灸”は、体にあるツボ(経穴)に鍼やお灸をして陰陽のバランスを整えます。

全身には、360以上のツボがあって、
そのツボをつなぐ、14の陰気と陽気の流れる道があります。
さらに、その道をつなぐ道や、枝分かれした支線があって、全身を流れています。

この全身を流れる陰気と陽気の流れる道を“経絡”といいます。

この経絡を利用して、鍼灸をするのが“経絡治療”という治療方法。

一般には、細い鍼を使って、鍼を浅く刺して、陰気と陽気の流れを整えます。
東洋医学的なはり治療とも言えます。

これに対し、現代医学的に西洋医学的なアプローチをするのが“刺激治療”“スポーツ鍼灸”
という考え方の治療で、神経や筋肉に対して鍼を刺入して、刺激をあたえることで、治療します。

症状のある筋肉や神経に向かって、刺激がいくように鍼を刺していきます。
経絡治療より、太めの鍼を使用することも多いようです。

経絡を利用した陰気と陽気の調整をする治療は、古くからの伝統鍼灸治療。

江戸時代から昭和初期までには、庶民の治療法として、
内臓に関する病や様々な病症・疾患に対応してきました。

経絡という気の流れるルートは、体表のすぐ近くにあり、
深く刺さなくても、治療ができる、刺激の少ない体にやさいしい治療とも言えます。

お近くの治療院で、はり灸治療を受けたい場合、
お電話で、経絡治療か、スポーツ鍼灸をしているのかを聞いてみるのも
判断の目安になります。

病院で治らないと言われて、はり灸・東洋医学にかけたい、という方には、
私は経絡治療をお奨めしています。

西洋医学で治らないと言われたものに対しては、
東洋医学的な視点・治療の方が、別の可能性があると思うからです。

はり自体は、上手に刺せる先生であれば、痛みはほとんどありません。
経絡治療では、痛みはほとんど感じませんから、安心して受けられます。

当治療院では、より体にやさしい、“接触鍼”による経絡治療を行っています。

これは、古くからある手技で、小さな赤ちゃんや、体力の衰えたご高齢の方にも
安心して受けていただける、“痛みの感じないはり治療”です。

はりは、刺さずに体表にあてるだけ。

体表近くを流れる経絡治療だからこそできる治療であり、
鍼が生まれた三千年前に比べて、生命力・抵抗力の落ちた現代人にあわせた
現代のはり治療ともいえます。

次回は、経絡治療についてさらに詳しくご紹介いたします。

この記事を書いたプロ

那智が丘こんのはり灸院 仙台仮庵店(かりいおてん) [ホームページ]

はり師 今野毅

宮城県仙台市青葉区中央3丁目8−5 新仙台駅前ビル328号 [地図]
TEL:022-393-4030

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
仙台仮庵店
仙台仮庵店

2016年7月11日(月)から、仙台駅西口 仙台朝市の通りの新仙台駅前ビル328号室に那智が丘こんのはり灸院仙台仮庵店がオープンしました!完全予約制。不在の場合...

那智が丘店
那智が丘こんのはり灸治療院

名取市那智が丘の住宅内にある那智が丘こんのはり灸院。東日本大震災から1年後の6月に、OPENしました。元々は、“出張専門の経絡治療”として、東日本大震災の4月...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
今野毅 こんのたけし

痛くない鍼治療で、その痛みや病から解放されよう(1/3)

 鍼灸と聞くと、みなさんはどんな印象をお持ちになりますか? 「鍼を皮膚に刺すんだから、痛いに決まっている」「なんだか怖い」…。 そんな方にこそ、ぜひ試していただきたいのが、名取市那智が丘の閑静な住宅街に診療所を構える「那智が丘 こんのはり...

今野毅プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

痛みのない鍼灸治療。慢性症状・難治症状の改善に自信がある。

医院名 : 那智が丘こんのはり灸院 仙台仮庵店(かりいおてん)
住所 : 宮城県仙台市青葉区中央3丁目8−5 新仙台駅前ビル328号 [地図]
TEL : 022-393-4030

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-393-4030

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

今野毅(こんのたけし)

那智が丘こんのはり灸院 仙台仮庵店(かりいおてん)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

冷え性と腰痛。往診が決めてに。

以前は、冷え性の悩みと、時々腰痛があって、悩んでいました...

Oさん
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
交通事故!はり灸治療で治る?頚椎捻挫。
イメージ

 交通事故が増えてくる時期です! 秋が深まってきて、暗くなるのが早くなりました。秋の長雨、曇りがち...

[ 頚椎捻挫・はり灸治療 ]

アトピーとはり治療

9月も中旬近くなり、気温も湿度もようやく下がりはじめました。今度は、乾燥した秋冬の季節がやってきます。...

[ アトピー治療 ]

秋ー鬱病にきをつけて。

五月病ならぬ、九月病というのが最近目立ってきていると、日曜夕方5時の『NISSAN あ、安部礼司 BEYOND THE AVER...

[ うつ病・九月病 ]

膝痛に気をつけて
イメージ

今年は、きびしい残暑が続きます。夏に、沢山の水分を取り続けた胃腸も疲れていて、気持ちも、おもく、憂鬱...

[ 膝痛治療 ]

熱中症対策に味噌キュウリ!
イメージ

台風一過。被害のあった地域の皆様には、お見舞い申し上げます。私も、生まれた石巻地区の事が、震災後の高...

[ 熱中症対策 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ