コラム

 公開日: 2017-02-15  最終更新日: 2017-02-18

刺さないはり灸で改善する?花粉症症状!


鼻水グズグズ・目がかゆい!花粉症の季節がスタート。

春なのに、春なのに、ため息またひとつー♪
というぐらい、憂鬱な方も多い、花粉症の季節が始まりました。
薬を使っても、なかなか症状が改善しないとお悩みの方も多いですね。
“刺さないはりによる経絡治療”で、改善できますか?
腰痛で通院していたら、今年は花粉症が楽なんですが、はりのお陰ですか?
この時期は、患者さんからよくご質問を受けます。

昔はこんな症状、ほとんど聞きませんでしたよね。
でも今は、子供から高齢者まで、花粉症に悩む方が大勢いますね。

薬に頼るか。他に方法はないのか。悩んでいる方も多いとおもいます。
そこで、今回は、“刺さないはりによる経絡治療”で、花粉症が改善できるか?お答えします。

花粉症の患者さんを東洋医学的に診察すると?

花粉症というと、アレルギー反応によるクシャミや鼻水、目のかゆみ等が思い浮かびます。
現代医学の見地からは、花粉が一定量体に溜まると発症等、いろいろな説明がなされています。
中医学では、鼻水や涙が止まらない症状から“水毒症“として話される事も多いようです。

患者さんの脉《みゃく》の状態を診て、患者さんの病状を診る“経絡治療”的に、
花粉症の患者さんの脉状を見てみると、
渋脉《しょくみゃく》といって、凍えて縮こまった様な脉が特徴的です。

春に盛んになる“陽気”が不足していて、伸び伸びとしていない脉。
春は、陽気が盛んになって、伸び伸びする発生の季節です。東洋医学に学ぶ・春の養生法
自然界の春の陽気の発生に、心身がついて来れない状態ということですね。

あなたも花粉症?

じつは、この渋脉という脉証は、
鼻水・涙目・くしゃみ等、一般的な花粉症の症状だけでなく、
頭痛・イライラ・寒気・なかなか治らない風邪症状やギックリ腰など、
様々な心身の症状で来院された患者さんに診られる、春先に特徴的な脉状です。

つまり、冬に静かに過ごさず、夏のように活動的に汗をかくような生活をしている
現代の私たちに、よくみられる健康状態といえるものです。東洋医学に学ぶ・冬の過ごし方
まだ私は、大丈夫ーなんて思っている人も、
これらの症状が思い当たれば、実はすでに花粉症かもしれません。

東洋医学で考える。現代社会の花粉症の原因。

昔と違って、現代の住宅は高機密・断熱。
しかも東日本は、気温は高めで、雪も少ない暖冬傾向。

服が薄く・暖かくなる素材の物も増え、
夏と変わらない活動的な生活を奨めるCMもありました。

でも、人間も自然の中の生命のひとつ。

季節の移り変わりの中で、その季節ごとに、自然と調和して生活することが大切。
春に発生し、夏に栄え・秋に実り、冬は蓄え養う、
天地の気の流れに沿って生きることで、健康を損なわずに育んでいくのです。

簡単に言えば、冬も活動的になることで、体の中の力は過剰に消耗され、
春に発芽し、伸び伸びとしていく自然界の生命の法則についていく力が、
不足して、ガス欠状態を起こしてしまうのです。

春はまた、肝の臓がよく働く季節。
肝は血の解毒作用を行い、疲労を回復させてくれますが、
冬に力を十分に蓄えられなかった人体では、
肝の臓も十分に働くことができなくなる訳です。

これらの要因で、生命力・抵抗力を失い、陽気不足の体が、
外部からの刺激に、アレルギー反応を過剰におこしているものと考えることができます。

一番の原因は、生命力の低下による、
季節の変化に対する適応障害ということですね。

まずは、春の養生法に従って、早寝早起き。
ゆっくり散歩するなど、少し活動的に。
でも過剰な活動はひかえて、ゆったりとして、体調を整えていきましょう。

“刺さないはりで、花粉症の改善!

先にも書きましたが、
慢性の腰痛や肩こり・冷え性等の治療で、冬の間から通院されていた患者さんが、
“今年は、花粉症の症状がほとんど出ないのですが、はりのせいですか?”
春になって、そう質問してくることが、よくあります。

経絡治療というのは、東洋医学の基本である陰陽調和。
人の体にもめぐっている、経絡という気の流れを調整して、
人体の状態を正しくする・生命力強化にありますから、
季節に対応するべき生命力の不足を補います。

なにより、体を温める・春にさかんになる陽気を補っていく施術ですので、
春の季節への変化に対応した体の状態をも、
他の症状の改善治療をしながら、同時に作っていきます。

鼻水・涙目に対処するために、花粉点というツボへのはりも
“刺さないはり”で施術したりもいたしますが、
一番大切なのは、本治法という、全身調整・生命力強化ですね。

全身の経絡の陰陽調和を図り、陰陽のバランスがとれていれば、
その人の体は症状をおさえ、健全な状態になる。
これが、本来の伝統鍼灸の力。

実際に、点鼻薬を使わずにシーズンを乗り切れたという患者さんや
最大飛散の時に、少しだけイライラしたけれど、我慢できる範囲だった。
というのが、患者さんの声です。

刺さないはりによる経絡治療とは?

脉とお腹に出ている、全身の状態をみつつ、
その患者さんに必要なツボとはりをして、患者さんの生命力を高めることで、
その方ご自身の体が、症状を押さえ込んで、改善してゆきます。

必要な方には、温まったら直ぐ外す、
やけどの心配のない、知熱灸というお灸もして、元気を回復します。

刺さないはり。接触鍼による経絡治療は、
刺さないので、痛みなく、安心して施術を受けられます。
小さなお子さんから、虚弱な体力になった方まで、
リラックスして施術を受けていただいております。

花粉症やアトピー等、この季節にひどくなりやすい症状を改善したいけど、
薬でもなかなか治らないし、他に楽になる方法がわからない。
そうお悩みの方は、
東洋医学・伝統鍼灸による改善を、一度お考えになっては如何でしょうか?

このコラムが、長くお悩みの方の一助となれば、幸いです。

この記事を書いたプロ

那智が丘こんのはり灸院 仙台仮庵店(かりいおてん) [ホームページ]

はり師 今野毅

宮城県仙台市青葉区中央3丁目8−5 新仙台駅前ビル328号 [地図]
TEL:022-393-4030

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
仙台仮庵店
仙台仮庵店

2016年7月11日(月)から、仙台駅西口 仙台朝市の通りの新仙台駅前ビル328号室に那智が丘こんのはり灸院仙台仮庵店がオープンしました。仙台駅西口から徒歩15分...

営業カレンダーetc.
イメージ

◎那智が丘こんのはり灸院/仙台仮庵店の営業スケジュール(随時更新)☆こんのはり灸院ホームページにリンクします。下記をクリックしてください。 営業カレンダー...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
今野毅 こんのたけし

痛くない鍼治療で、その痛みや病から解放されよう(1/3)

 鍼灸と聞くと、みなさんはどんな印象をお持ちになりますか? 「鍼を皮膚に刺すんだから、痛いに決まっている」「なんだか怖い」…。 そんな方にこそ、ぜひ試していただきたいのが、名取市那智が丘の閑静な住宅街に診療所を構える「那智が丘 こんのはり...

今野毅プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

痛みのない鍼灸治療。慢性症状・難治症状の改善に自信がある。

医院名 : 那智が丘こんのはり灸院 仙台仮庵店(かりいおてん)
住所 : 宮城県仙台市青葉区中央3丁目8−5 新仙台駅前ビル328号 [地図]
TEL : 022-393-4030

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-393-4030

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

今野毅(こんのたけし)

那智が丘こんのはり灸院 仙台仮庵店(かりいおてん)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

冷え性と腰痛。往診が決めてに。

以前は、冷え性の悩みと、時々腰痛があって、悩んでいました...

Oさん
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
お答えします。はり灸って、美容やスタイル改善に効果あるの?
イメージ

 みんなが知りたい。はり灸って痩せるの? 当院にご来院いただいた患者さん (主にご婦人)が、必ず聞いてくる...

[ 美容・美活・痩身・小顔・美肌・体質改善 ]

首・肩こりや腰痛・足の痺れ。もしや脊柱管狭窄症予備軍?2

 背骨の間が狭い患者さんが増加中!? 背骨の骨を椎骨といい、その中には神経と血管の通る孔があり、椎骨の...

[ 脊柱管狭窄症・首こり・肩こり・腰痛・手足 ]

首・肩こりや腰痛・足の痺れ。もしや脊柱管狭窄予備軍?1

 なかなか治らない首・肩こりや腰痛の患者さんの背骨 最近、マイベストプロのページや新聞広告を見てご来院く...

[ 脊柱管狭窄症・首こり・肩こり・腰痛・手足 ]

東洋医学に学ぶ・春の養生法
イメージ

 春。生命が目覚め・伸びる季節がきました。 立春を過ぎて、暦の上では春。東北では、まだまだ寒い冬 と...

[ 春 健康 養生法 花粉症 鬱病 はり灸 ]

東洋医学に学ぶ・冬の過ごし方
イメージ

 冬本番。温めすぎに気をつけて! 寒さ本番!夏が暑さが長かったため、寒くなるとついつい着こんでしまいが...

[ 冬の養生法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ