コラム

 公開日: 2017-04-05  最終更新日: 2018-02-21

首・肩こりや腰痛・足の痺れ。もしや脊柱管狭窄症予備軍?2

背骨の間が狭い患者さんが増加中!?

背骨の骨を椎骨といい、その中には神経と血管の通る孔があり、
椎骨の間には、椎間板というクッションがあります。

首の頚椎や、胸の胸椎。
腰の腰椎の間からは、神経が手足、体の各所に伸びています。
この椎間板が飛び出して神経を圧迫するとヘルニアとなりますね。

加齢により椎間板が薄くなる、何らかのストレスで膨隆する、周りの靭帯が肥厚する等により、
神経が通る脊柱管孔が狭くなって、神経や血管を圧迫すると
手や足に、痺れや力が入りにくいなどの症状が出ます。

腰椎の脊柱管狭窄症を起こした方は、
歩って少しすると、足が痺れて、力が入りにくくなり、
重たくて歩けなくなりますが、前傾姿勢で少し休むと、また歩けるようになる。

間欠跛行(かんけつはこう)という症状が見られます。
ひどいと、強い痛みや痺れで歩けなくなります。

50代から上になるほど、多く見られるのですが、
最近は、40代の患者さんや30代の患者さんにも似たような状態が増えて来ています。

ひどい腰痛でどこでも治らない、
腕が重だるい、指先に痺れや脱力がある、
こういう患者さんの首や腰の骨の状態は、骨の間も狭くて、
全体に固くて、真っ直ぐになっている様なものも多いですね。

東洋医学で考える世紀中間狭窄症。

東洋医学では、人の体の中には、陰気と陽気の経絡の流れがあって、
その循環(めぐりといいます)が正しければ、人は健康を保つ。

過不足があって、滞りが生じていれば、
何らかの症状が出ると考えます。
食事や漢方薬もこの気の流れを正しくする為にあるわけです。

脊柱管狭窄症を東洋医学で考えれば、
基本的には腎気の不足といえます。

腎の気の不足は、骨や神経の状態に影響します。
体の水の処理に関わるので、骨への水分・栄養の流れにも影響します。

以前のコラムにも書きましたが、
腎の気は、自然界においては、冬の間に盛んになります。
冬に静かに過ごすことで、体内に養われるともいえます。

本来は、先天の元気といって、
生まれたときに親から与えられて、成長に使われ、
消耗して、歳と共に減っていく、生命のベースです。

冬に静かに生活することで、その消耗を減らし、
春に肝の気が盛んになって、伸びやかになっていく時の力になります。

春になって、花粉症や様々な変調を起こすのは、
冬の腎気の消耗が原因とも言えるわけですが、背骨の伸びにも影響するのです。

腎の気は、あまりに怖い思いをしたり、
驚いたりしたストレスからも損なわれます。

東日本大震災で、恐ろしい思いをした東北の被災地の人たちは、
慢性的な腎気の不足を起こしていると考えることもできますね。

手術しかできない?東洋医学で施術する脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の患者さんは、病院で痛み止めの処方を受け、
手術するか否かの選択を受けることがあります。

神経に関わる手術ですので、悩まれる方も少なくありません。
実際、選択に悩んで、はり灸治療の問い合わせをしてくる方も多いですね。

東洋医学・伝統鍼灸の経絡治療の考えからは、
腎気を補い、相対する脾の気の流れを整え、
全身の経絡の流れを充実させれば、骨の状態と症状は改善すると考えます。

実際の臨床でも、症状が改善された患者さんは多くあります。
経絡治療の視点からは、骨の状態も変化・改善する余地があるからです・

西洋医学での手術という選択肢が決められない時には、
お近くの経絡治療に相談してみることも、選択肢の一つになると思います。

この記事を書いたプロ

那智が丘こんのはり灸院 仙台仮庵店(かりいおてん) [ホームページ]

はり師 今野毅

宮城県仙台市青葉区中央3丁目8−5 新仙台駅前ビル328号 [地図]
TEL:022-393-4030

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
仙台仮庵店
仙台仮庵店

2016年7月11日(月)から、仙台駅西口 仙台朝市の通りの新仙台駅前ビル328号室に那智が丘こんのはり灸院仙台仮庵店がオープンしました。仙台駅西口から徒歩15分...

営業カレンダーetc.
イメージ

◎那智が丘こんのはり灸院/仙台仮庵店の営業スケジュール(随時更新)☆こんのはり灸院ホームページにリンクします。下記をクリックしてください。 営業カレンダー...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
今野毅 こんのたけし

痛くない鍼治療で、その痛みや病から解放されよう(1/3)

 鍼灸と聞くと、みなさんはどんな印象をお持ちになりますか? 「鍼を皮膚に刺すんだから、痛いに決まっている」「なんだか怖い」…。 そんな方にこそ、ぜひ試していただきたいのが、名取市那智が丘の閑静な住宅街に診療所を構える「那智が丘 こんのはり...

今野毅プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

痛みのない鍼灸治療。慢性症状・難治症状の改善に自信がある。

医院名 : 那智が丘こんのはり灸院 仙台仮庵店(かりいおてん)
住所 : 宮城県仙台市青葉区中央3丁目8−5 新仙台駅前ビル328号 [地図]
TEL : 022-393-4030

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-393-4030

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

今野毅(こんのたけし)

那智が丘こんのはり灸院 仙台仮庵店(かりいおてん)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

ひどい冷え症で。

冷え症がひどく、薬を飲んでも良くならなかった。 義母が、那...

匿名希望
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
お答えします。はり灸って、美容やスタイル改善に効果あるの?
イメージ

 みんなが知りたい。はり灸って痩せるの? 当院にご来院いただいた患者さん (主にご婦人)が、必ず聞いてくる...

[ 美容・美活・痩身・小顔・美肌・体質改善 ]

首・肩こりや腰痛・足の痺れ。もしや脊柱管狭窄予備軍?1

 なかなか治らない首・肩こりや腰痛の患者さんの背骨 最近、マイベストプロのページや新聞広告を見てご来院く...

[ 脊柱管狭窄症・首こり・肩こり・腰痛・手足 ]

刺さないはり灸で改善する?花粉症症状!
イメージ

 鼻水グズグズ・目がかゆい!花粉症の季節がスタート。 春なのに、春なのに、ため息またひとつー♪というぐ...

[ 花粉症 症状改善した はり灸  ]

東洋医学に学ぶ・春の養生法
イメージ

 春。生命が目覚め・伸びる季節がきました。 立春を過ぎて、暦の上では春。東北では、まだまだ寒い冬 と...

[ 春 健康 養生法 花粉症 鬱病 はり灸 ]

東洋医学に学ぶ・冬の過ごし方
イメージ

 冬本番。温めすぎに気をつけて! 寒さ本番!夏が暑さが長かったため、寒くなるとついつい着こんでしまいが...

[ 冬の養生法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ