コラム

 公開日: 2016-06-27 

今も昔も....

昔と違い
様々な作業が機械化された畳業界ですが
やはり手作業の部分も多々あります。

ということで今回は
今も昔も変わらずに
畳職人が大事にしているものについてのお話です。

さて、突然ですが 問題です。
コレって なんだか わかりますか?

ハイ 正解! 包丁です。


正確には 畳専用の包丁ということになります。


畳に付ける畳表や芯材である畳床を
スパッっと切ったり
ザックリと切れ味鋭く切り落としたりと
畳を作る上で 欠かせない道具となっています。

ちなみに大きさは 
新品だと 刃渡20㎝程度
全長30㎝といったところでしょうか。

写真左端の大きいものは新品ではありませんが
研いで 多少小さくなった状態です。

使っては 研ぎ
使っては 研ぎ.......使い込んでいく中で

写真中央のサイズになり

さらに使い込んでいくと
写真右端のサイズにまで 小さくなってしまいます。

大きいものは広い作業に
小さいものは糸切りなどの細かい作業に

元々は 大きな包丁だった3本。
時が経ち 形も大きさも変わり
そして役割も変わっていく......

小さくなったからといって
役立たずではなく

最後の最後まで
大事に大事に......


そんな職人さん
本日も一生懸命 細部にこだわって畳を作っています。


1級技能士と品質管理者がいる安心品質の畳の専門店
石巻で創業120余年、畳のプロ・田中畳店まで
お気軽にご連絡ください。

フリーダイヤル 0120-195-622
ホームページ http://www.tanakatatami.com/

この記事を書いたプロ

有限会社田中畳店 [ホームページ]

職人 田中宏和

宮城県石巻市大街道3‐3‐39 [地図]
TEL:0120-195-622

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
田中宏和 たなかひろかず

畳の魅力を再発見。畳と「和の心」のある暮らしを提案(1/3)

 突然ですが、あなたの家に「和室」はありますか?テーブルとイスが中心の洋風志向の暮らしの中でいつのまにか畳の部屋は減少傾向に。若い人の中には日常で畳に触れずに育つ人も少なくありません。昔は当たり前だった畳のある暮らし。和室の和は「和む」とも...

田中宏和プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

い草の種類や人気のフロア畳(置き畳)の種類も豊富。

会社名 : 有限会社田中畳店
住所 : 宮城県石巻市大街道3‐3‐39 [地図]
TEL : 0120-195-622

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-195-622

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田中宏和(たなかひろかず)

有限会社田中畳店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
防災月間

9月といえば 「防災月間」年間を通じて 自然災害が最も多い月...という統計もあります。台風や地震など...

多彩な表情
イメージ

毎日見ている畳...実は様々な表情を見せているって気づいてましたか?今回は そんな畳の表情の変化についてのお...

乱敷きのススメ
イメージ

和室といえば こんなイメージがありませんか?規則正しく整然と並べられた畳。しかし、田中畳店では こん...

琉球畳

琉球畳って 聞いた事ありますか?今回は そんな琉球畳についての お話です。「琉球畳って ありますか?」...

お盆の話

お盆の話と聞いて梅雨明けもしてない東北地方。おいおい まだ先の話じゃない?...と思ったあなた。今回は決...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ