プロTOP:齋藤拓生プロのご紹介

弁護士に相談して、トラブルを未然に防ぐ(1/3)

齋藤拓生 さいとうたくお

欠陥住宅、リフォームの問題…。建築トラブルは任せて安心

 みなさんは、弁護士を必要としたことはあるでしょうか? 「弁護士が必要になるのは、何か大きなトラブルを抱えた時」と考える方もきっと少なくないはず。しかし、「弁護士は転ばぬ先の杖」。そう話すのは、『つばさ法律事務所』の齋藤拓生弁護士です。欠陥住宅問題などの建築トラブルに強い齋藤弁護士は「今から20年ほど前、日本弁護士会連合会の消費者問題委員会で欠陥住宅を扱う部会の立ち上げにかかわり、以来、欠陥住宅問題の被害者の救済にあたってきました」と話します。
 取り扱う案件としては、「“構造材が不足していた”“不同沈下によって家が傾いた”という構造上の安全性にかかわることから、“完成した建物が約束した内容と異なる”“予期せぬ追加代金を請求された”という契約上の問題、“仕上げが雑”という美観上の問題、そしてリフォームトラブルもあります」と、実にさまざま。
「欠陥住宅トラブルの原因としては、①消費者と業者の知識の大きな格差、②契約内容やプランについての打合せの不足、③詳細な契約書・見積書・設計図書が作成されていないこと、④下請、孫請という施工体制の下で、施工に対する管理監督が無責任となることなどが考えられます。建物は、現場ごとに施工されるものであり、家電製品や自動車などのように工場で画一的に一定の水準を確保して生産されるものではありません。住宅を取得しようとする方には、そのことをご理解いただきたいと思います。欠陥住宅被害にあわないために、自分で勉強したり、専門家の力を借りて、業者としっかりと打合せをする必要があります。被害が発生してからでは、解決までに時間もお金もかかります。契約する前に、トラブルが起こる前に、“住宅を取得しようと思っているんだけれど…”と、気軽に相談に来ていただければと思います」。

<次ページへ続く>

【次ページ】 “自分の目で見て”依頼人の立場に…

齋藤拓生プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

建築トラブルの解決事案が豊富

事務所名 : つばさ法律事務所
住所 : 宮城県仙台市青葉区片平1丁目1-11 カタヒラビル2F [地図]
TEL : 022-213-8491

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-213-8491

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

齋藤拓生(さいとうたくお)

つばさ法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ