コラム

 公開日: 2013-01-15 

新人弁護士の借金について

 最近、新人の弁護士とお話をする機会が増えたのですが、新人弁護士が負担している借金の金額を聞いてびっくりしました。

 その新人弁護士は、弁護士になる時点ですでに約700万円の借金をしていました。
 理由を聞いたら、今、弁護士になるには大学を卒業した後に法科大学院で学習する必要があり、さらに司法修習をする必要があるのですが、大学と法科大学院を出るまでの間の奨学金だけで400万円くらいの借金を負い、司法修習の際の生活費等として以前は給料が出ていたのですが、昨年から貸し付けになったために300万円の債務を負担しているというのです。そしてさらにびっくりしたのはそれが多くの新人弁護士の実態であるということでした。

 私自身、これまでの法曹養成制度の変化の中で、このままいけば裕福な家庭の子しか法曹になることができなくなるのではないかと何度となく声を上げてきたつもりでしたが、いざ目の前に700万円もの借金をおった新人弁護士を目の前にするとなんとも言いようのない暗澹たる気持ちになりました。

 1年目の社会人が、初めて給料をもらう前から700万円という借金を負わなければならないという事実がいかに重いことか。弁護士は比較的余裕がある仕事と思われている方もいますが、弁護士の業界も現実にはかなり厳しくなってきており、新人弁護士の初任給もかなり抑えられています。社会人一年目は生活をするだけではなく、身の回りのものもそろえなければなりません。親がその援助をできるとは限りません。

 誰でも努力すれば弁護士になれるようにするためには、借金を負わずに弁護士になることのできる道を広げてほしいと心の底から思っています。

この記事を書いたプロ

エール法律事務所 [ホームページ]

弁護士 岩渕健彦

宮城県仙台市青葉区一番町2-10-26 旭開発ビル205号 [地図]
TEL:022-227-6167

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岩渕健彦 いわぶちたけひこ

企業を救い人を救う、真の企業再生を手がける(1/3)

「お固い」「近寄りがたい」―。弁護士という職業を聞いて多くの人が抱くのは、そんなイメージではないでしょうか。ところが「エール法律事務所」の岩渕健彦さんは、そんな堅苦しさを第一印象から感じさせません。フランクで、なおかつ頼もしい雰囲気を持っ...

岩渕健彦プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

企業再生の経験が豊富です。

会社名 : エール法律事務所
住所 : 宮城県仙台市青葉区一番町2-10-26 旭開発ビル205号 [地図]
TEL : 022-227-6167

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-227-6167

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岩渕健彦(いわぶちたけひこ)

エール法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
中小企業金融円滑化法、再延長せず

 政府・与党が、先日、3月末で期限切れとなる中小企業金融円滑化法を再延長しないことを決めたとのことです。 ...

検察審査会による強制起訴

 民意を反映させるという目的で導入された検察審査会による強制起訴制度ですが、個人的にはあまりうまく機能して...

被災ローン減免制度説明会(石巻市)

 今週の日曜日は、被災地である石巻市において以下の概要にて被災ローン減免制度についての説明会及び相談会が行...

破産事件の状況について

 昨日は、仙台地方裁判所内において破産管財人等協議会でした。 議題についての協議もおもしろかったので機会が...

ガソリンスタンドの閉店

 5,6年くらい前に、建設業を営む会社の若き経営者らを対象とした懇談会に出席したことがありました。 その際...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ