コラム

 公開日: 2015-11-25 

屋根の塗装の際の注意点

第1回目は屋根の塗装をする前の基礎知識になります。

お宅の屋根はなんですか?
『なに使ってるかわからない』そんな方が大半かと思います。
ごくまれに詳しいお客様に、『うちの屋根はコロニアルなんですが何を塗ったらいいですか』なんて言われたりしますが、図面を見せてもらったり、屋根に上ってみると別物だったなんてことはよくあります。
じつはこのコロニアルという呼び名は商品名なんです。
化学調味料を味の素とかハイミーと呼ぶのと一緒なんです。

コロニアルなどの屋根は『スレート屋根』に区分されます。
スレート屋根って大きく分けると4分類されますので簡単にご説明いたします。
①天然スレートは数億年の年月を経た地層から切り出された原石を使用し形成、高価で高級感がありメンテはほぼいりません。

②石綿スレートは2004年以前の建物までは主流でしたが、文字通り内容成分に石綿つまりアスベストが混入されていますのでそれ以降は生産・使用が中止になっております。

③無石綿スレート(ノンアスベスト)はアスベストが使用不可になりその代りにパルプやビニロンなどで代用したものです。
アスベストは健康被害がなければ万能の材料でしたので資材の変更による不具合なども見られました。
1996年から2008年まで販売されたもので某メーカーが屋根材への本格進出を図り、生産した商品は全国的に不具合が起き訴訟に発展しているケースもございます。不具合の事象に関しては、層間剥離といわれる現象で屋根がミルフィーユのようになり薄皮がめくれてくる現象が起きます。再塗装は極めて難しくカバー工法や張り替えをおすすめしております。


④セメント系スレートは無石綿スレートと混同されますが、セメントの含有量の割合が多く、表面を着色することからも別分類になるようです。

これらを見分ける方法は新築時の建築図面の仕上げ表の外部仕上げ表をご覧いただき確認してみてください。
特に2004年(平成16年)以前の建物は塗り替えの際、これを知らない業者に塗り替えをお願いするととんでもないことになりますので用心してください。

基礎知識2は塗装の種類と施工方法について説明したいと思います。

この記事を書いたプロ

有限会社ペイントスタッフ [ホームページ]

職人 吉田哲朗

宮城県宮城郡利府町菅谷字産野原36-2 [地図]
TEL:022-369-3344

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
吉田さん

心から喜ばれる本物の仕事を目指す。技術と誠意と笑顔の塗装業(1/3)

 住まいの外観を美しく、雨漏りなどから家を守ることで耐用年数を伸ばし資産価値を高める塗装工事。「メンテナンスの目安は新築から遅くても10~12年。結構早いと驚かれますが、劣化が進む前に計画的に行うことで、総メンテナンス費用を抑えることになり...

吉田哲朗プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

1級建築塗装技能士、雨漏り診断士のいる塗装業専門店

会社名 : 有限会社ペイントスタッフ
住所 : 宮城県宮城郡利府町菅谷字産野原36-2 [地図]
TEL : 022-369-3344

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-369-3344

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田哲朗(よしだてつろう)

有限会社ペイントスタッフ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
屋根の塗装の際の注意点2
イメージ

前回の屋根塗装の際の注意点はいかがでしたでしょうか?2004年(平成16年)以前にお家を建てた方は特に図...

[ 屋根塗装についてコロニアル編 ]

屋根の裏側の換気について
イメージ

屋根裏に入ったことがある方は業者以外ではあまりないと思います。本日は、屋根裏の換気についてお話ししたい...

[ 軒天の換気について ]

外壁のお話 窯業系サイディング
イメージ

窯業系サイディングについてまずは、内容成分ですがセメントとパルプ繊維などの集合体です。それを工場...

[ 外壁のお話 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ