コラム

 公開日: 2016-03-23  最終更新日: 2016-03-24

外壁のお話 窯業系サイディング

窯業系サイディングについて
まずは、内容成分ですがセメントとパルプ繊維などの集合体です。



それを工場で高温高圧で成型したものに表面だけ塗装を施して防水処理をしております。

もうお分かりの方もいらっしゃるかと思いますが、この部材は表面のみ防水処理として塗装を施しておりますが、そもそも、お水に弱い素材ですので、繋ぎ目のシーリングや塗装が劣化してくる8年から10年には美観のみでなく、防水処理という意味で必ず塗装とシーリング工事をしなければならないのです。




塗膜の劣化やシーリングの切れや離脱をそのまま放置すると、お水を含んだ状態のまま気温が下がり0℃以下になると、凍害をおこしボロボロになってしまいます。



ボロボロになった壁材は修復が不可能ですので、交換ということになります。

それから2000年4月以前の建物で、このタイプの外壁ですと基本的に塗り替え工事は不可になりますのでご注意ください。

2000年4月に施行された住宅品質確保促進法(品確法)という法律により、今まで良しとされてきた直貼り工法が外壁の品質を保てないということから、外壁通気工法が標準施工となり、下地と外壁材の間に空気層を設けることになりました。

直貼り工法は壁と裏にある間柱に隙間がなく文字通り直に壁を貼り付ける工法で隙間には防水シートがあるために
湿気がこもりやすく中から外へ湿気が逃げるため壁自体を腐食させたり、塗膜を犯して膨れや、剥離を引き起こします。

私の所属団体の日本塗装名人社
新潟の満天の満永社長のコラムをご参考になさってみてください。
http://www.jpaintm.com/column/2906/
これを知らずに塗装してしまうと、剥離・膨れなどのクレームになってしまいます。

現在弊社では、直貼り工法のお宅からのお問い合わせにはこのようにしっかりと説明をして、張り替えをおすすめしております。

予算の関係上どうしても塗装しかできない場合は現在腐食している箇所以外にも不具合が出る恐れがあることを承諾後に塗装をいたしますが、あまりにも腐食が進んでいるところがある場合はお断りしています。

お客様のためにならない工事をしても、結果的に損をさせることになります。

この記事を書いたプロ

有限会社ペイントスタッフ [ホームページ]

職人 吉田哲朗

宮城県宮城郡利府町菅谷字産野原36-2 [地図]
TEL:022-369-3344

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
吉田さん

心から喜ばれる本物の仕事を目指す。技術と誠意と笑顔の塗装業(1/3)

 住まいの外観を美しく、雨漏りなどから家を守ることで耐用年数を伸ばし資産価値を高める塗装工事。「メンテナンスの目安は新築から遅くても10~12年。結構早いと驚かれますが、劣化が進む前に計画的に行うことで、総メンテナンス費用を抑えることになり...

吉田哲朗プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

1級建築塗装技能士、雨漏り診断士のいる塗装業専門店

会社名 : 有限会社ペイントスタッフ
住所 : 宮城県宮城郡利府町菅谷字産野原36-2 [地図]
TEL : 022-369-3344

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-369-3344

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田哲朗(よしだてつろう)

有限会社ペイントスタッフ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
屋根の塗装の際の注意点2
イメージ

前回の屋根塗装の際の注意点はいかがでしたでしょうか?2004年(平成16年)以前にお家を建てた方は特に図...

[ 屋根塗装についてコロニアル編 ]

屋根の塗装の際の注意点
イメージ

第1回目は屋根の塗装をする前の基礎知識になります。お宅の屋根はなんですか?『なに使ってるかわからない...

[ 屋根塗装についてコロニアル編 ]

屋根の裏側の換気について
イメージ

屋根裏に入ったことがある方は業者以外ではあまりないと思います。本日は、屋根裏の換気についてお話ししたい...

[ 軒天の換気について ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ